【ビル管理】ベトナム難民2世の通訳者が見た、外国人労働者を犯罪に追いやる技能実習制度の闇

◆ベトナム人検挙件数が増える背後にある構造的要因

 6月25日に放送されたNHKの番組「ノーナレ 画面の向こうから-」が大きな反響を呼んでいる。

 番組宛てにSOSを送ってきたあるベトナム人技能実習生。彼女から送られてくるメールには、劣悪な住環境の中、休みもほとんどなく、低賃金で長時間の労働を強いられ追い詰められている技能実習生たちの姿があった。

 技能実習生、留学生の死亡が異常に多い。法務省は、2012~17年に171人の実習生が亡くなっているというが、実数ははるかに多い。その一方で、在日外国人の数が増加の一途を辿っているが、実は外国人の検挙件数が減少していることはあまり知られていない。

 ただ、その中でも数少ない例外として、ベトナム人の検挙件数は増加傾向にある。しかし、その背景には、技能実習生や実習生を犯罪に追いやる日本社会の問題があるのではないか。

こういうのも噂段階では良く聞きますが・・・・。ビルメン業界でも外国人採用しようという話よく出てきているようですね。ホテル清掃などは、実際3分の1は外国人の方々の就労でまかなえており、もうこの方々たちがみえないと大変らしいです。でも制度面を先になんとかしないと現場も含めて苦労が堪えなそう。実際ホテル清掃現場も大変だとか・・・・。

https://news.livedoor.com/article/detail/16678504/?p=1&fbclid=IwAR1zsfu4R8ae69WUqiNSYGWCKsUBNfwWYbCBjObLHu-3axSNd1XIivvjSnA

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事