【ビルメンIT・AI】アバターによる案内業務 いよいよ普及段階へ

最近多い紹介の一つがアバター案内業務。あちこちで見られるようになってきました。

これは普及していって当たり前だと思う。

人が案内所に張りつかずに、遠隔にいても別にいいわけで、同時に問い合わせなければ、複数の案内場所を少ない人間で対応できる。

つまり生産性も高くなる。

やり方次第で、自宅で複数ポイントの案内を対応することも可能なわけで、どんな格好して業務していてもいい。気楽ですね(笑)。

こうなると、音声だけで、アバターにする必要があるのか?とも思いますが、やはり目の前で感じの良いアバターに応対してもらっている方が、味気ない音声のみよりは雰囲気もよくなるというわけでしょう。

アバターをビルのマスコットや町のゆるキャラにしてもいいわけで、楽しい応用はいくつも考えられますね。

間違いなくこのデジタルサイネージ(電子看板)は、今後広まりますね。

【参考サイト】アバターが笠間の観光案内 市、6月から試験運用

茨城県笠間市は、デジタルサイネージ(電子看板)と遠隔受け付けシステムを組み合わせたバーチャル(仮想)観光案内を県内で初めて実施する。遠隔地にいる案内スタッフのアバター(分身)が画面に現われ、利用者と対話しながら観光スポットなどを紹介する。市は、9月に開業予定の「道の駅かさま」での本格導入を見据え、市内2カ所で試験運用する。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ビルメンIT・AIカテゴリの最新記事