【ビルメン障がい者雇用】全国初の車いす警備員

意外感ありますが、車いす使用する警備員さんは全国初とのことです。

警備員と聞くと、不審者を保護したりするときに、車いすで対応できるのか?と思わず考えてしまうかもしれませんが、警備員業務というのは、そもそも不審者確保がメイン業務ではありませんよね。

画像見ている限り、案内係かとも思いますが、これも警備業務のカテゴリに含まれる業務でもあります。

警備業務って実はファジーなところありますからね。

そもそも、昨今出てきているロボット警備でも、ロボットは不審者確保はできません。今のところ。

障がい者さんの働き口として、警備業界が一般に広まってくるのも素晴らしいことですね。

【参考サイト】全国初の車いす警備員 障害者の社会進出「挑戦の道筋に」

東京五輪・パラリンピックの開催が迫り、障害者の社会進出や活躍に関心が高まる中、街の治安維持に貢献する車いすの警備員が全国で初めて誕生した。4月からインターンとして、埼玉県内の大学で業務を始めた濱田久仁彦さん(61)。「障害者の新たな活躍の場へ道筋を描ければ光栄。機会があれば、パラリンピックにも関わってみたい」と力を込める。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG