【マンション管理】マンションに寿命はあるのか?

マンション居住者もしくは、中古マンションの購入希望者にとって、どれほど住み続けられるのか?はとても関心があることではないでしょうか。

今回は、こちらの疑問に答えてくれるサイト見つけたので、紹介させていただきます。

マンションの寿命は、一つの要因では決められないというのがまず答えです。

物理的、機能的、経済的、さらに法定耐用年数という考え方があります。

なんだか複雑そうにも感じますが、こちらのサイトは簡潔に極めてわかりやすいです。

そして、鉄筋コンクリート造マンションの寿命を決める4つの要素を上げており、管理状況が極めて重要なことを教えてくれます。

以下まとめ。

・耐用年数の考え方には「法定耐用年数」「物理的耐用年数」「経済的耐用年数」の3つがある。

・鉄筋コンクリート造マンションの法定耐用年数は47年。

・耐用年数は、直接的な寿命を示しているわけではなく減価償却や住宅ローンの借入期間に影響を与える。

・マンションの寿命は耐震基準や住宅性能評価、メンテナンス状況、立地条件などによって異なる。

・中古マンションの購入は、管理状態を見極めるポイントを押さえることが重要。

ぜひチェックしてみてください。

【参考サイト】鉄筋コンクリート造の耐用年数は何年? マンション購入時に知っておきたい「寿命」との違い

中古マンションを購入する際、その物件にどのくらい住み続けられるのかを判断する要素として着目されるのが“耐用年数”です。

しかし、耐用年数は、建物の寿命をそのまま示しているわけではないため、どのような数値なのか正しく理解しておくことが必要です。

今回は鉄筋コンクリート造の耐用年数について説明します。また、耐用年数がマンションの価値に与える影響、寿命の長いマンションを見極めるコツについて見ていきましょう。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG