【ビル消毒・衛生】注意が必要⁈ 「空間除菌」

“これまで、消毒剤の有効かつ安全な空間噴霧方法について、科学的に確認が行われた例はありません。”
厚労省の公式サイトに明記されている文言です。
空気中の新型コロナウイルス対策として、厚生労働省が推奨しているのは「換気」のみです。
「新型コロナウイルス等の微粒子を室外に排出するためには、こまめに換気を行い、部屋の空気を入れ換えることが必要です」としており、特別なことは推奨されていません。
医薬品でも医薬部外品でもない空間除菌用品は、法的には「雑貨」だそう。コロナ禍に便乗して、科学的な根拠がありそうに販売されている商品でも、それはあくまで雑貨なのです。
医薬品や医薬部外品でない雑貨には、してはいけないことがあって、それは宣伝において「特定の細菌やウイルスに対する効果(『〇〇への感染対策』『〇〇感染症予防』などの文言を含む)を標ぼうすること」だそうです。
実際どうでしょうか? 勘違いしてしまいそうな製品・サービスあちこちで見かけませんか??
まあ実際には、しっかり効果があるのなら消費者として文句はないのですが、「誇大広告」では困りますね。
記事を読んでいると、しっかりしたリテラシーをもって判断していかないと怖いなぁと感じてしまいます。

【参考サイト】「空間除菌」という「キャッチコピー」の罪 雑貨なのにコロナ禍「効果ありそう」と誤解、誇大広告の問題も

コロナ禍で「売れ筋」となる空間除菌用品ですが、さまざまな問題点が指摘されています。「空間除菌」とは医学用語ではなく、はっきりした定義もない、いわば「キャッチコピー」。そのような宣伝に惑わされないために、生活者はどんな点に注意する必要があるのでしょうか?

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG