【マンション管理】「マンションは管理で買え」 マンション管理状況を全国初開示 神戸市

以前にも神戸市の記事紹介させていただきましたが、全国に先駆けていよいよ実行されていくみたいです。

マンションの管理計画認定制度が来年から施行されますが、神戸市ではすでに市内の3500のマンション管理組合へ40項目になるマンション管理状況の届け出を求めているみたいです。

適正に管理されているマンションかどうかをチェックして、市のホームページで紹介していくそう。

評価の高い、適正に管理されているというお墨付きをもらえたマンションは、当然に市場価格にも反映されてくるでしょうから、これは気合入ってくるんじゃないでしょうか。

もちろん課題のあるマンションには、市も再生支援を手伝うそうです。

「適切に管理される集合住宅が増えれば、市に人口を呼び込む上で有力なアプローチになりうる」という判断のうえでのとりくみのようで、全国の先行事例として広がっていってほしいですね。

【参考サイト】マンション管理40項目を届け出 神戸市、3月から任意で

神戸市は29日、分譲マンションの管理状況の届け出制度を3月から始めると発表した。修繕積立金の積み立て状況や滞納者への規定など約40項目の届け出を管理組合に求める。市場価格に反映させるため、市はホームページで公開。対象は6戸以上のマンションで、届け出・開示は管理組合の任意とする。将来は義務化も検討し、周辺の住環境悪化を未然に防ぐ。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG