【ビルメンロボット・AI】5Gドローンで施設警備 ALSOK

ビル管理にどんどんロボット、AI入ってきていますが、ドローンもどんどん来ていますね。
前から紹介させていただいていて、Wi-Fiを使ってのドローン警備の実証実験は盛んにされていたようですが、やはり通信環境の問題で不具合もあったようです。
通信性能の高いローカル5Gでの実験で、更に精度アップした施設警備をということですね。
ロボットにしろ、ドローンにしろ、どんどん開発進んでいるのは、ひとえにビルメン業界の人手不足、低生産性の解決に向けてのことで、それだけ業界のこの問題が深いことの表れであります。なんとか規制改革も含めて、早く解決していくことにこの5Gドローンも役立ってほしいですね。

【参考サイト】5Gドローン警備、羽田空港駅で実験 ALSOKなど

綜合警備保障(ALSOK)は20日、ローカル5Gを活用した警備の実証実験を2021年1月から始めると発表した。京浜急行電鉄、NTTコミュニケーションズと共同でローカル5Gとドローンやロボットなどを組み合わせた警備の実験をする。警備の効率化に向けた課題を洗い出し、早期実用化を目指す。

実験は総務省が主導するローカル5Gの実証プログラムの一環。京急電鉄の羽田空港第3ターミナル駅で、客のいない夜間にドローンやロボットを自動・遠隔巡回させる。遮蔽物の多い建物内で効率的に通信ができる5Gアンテナの配置方法などを確認する。

ALSOKはすでに警備用のドローンやロボットなどを開発している。これまで通信にはWi-Fiを使っていたが、通信速度や精細さに課題があった。より通信性能の高いローカル5Gに置き換えて実用性を探る。

警備業界では警備員不足が課題で、人口減少により今後さらに担い手が減る見通しだ。ALSOKはロボットなどを使い、限られた人数でも警備の質を維持する仕組みづくりを急いでいる。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事