【国内初導入】クラウドベースのビル統合管理プラットフォーム 東京建物

ZETAとか言ってもガンダムではありません。
なんだかビル管理にも横文字が多くなって、とっつきにくいです。
ZETAは、超狭帯域による多チャンネルでの通信、分散アクセス、低消費電力による双方向通信などを実現するIoTに適したLPWA通信規格だそうです。説明を引用してもまだ理解しづらいぐらいです。
このシステムで、例えば巡回中に「コーヒーがこぼれて床が汚れている」「鍵のカバーが破損している」などの異常を見つけた場合、付近にあるQRコードをスマホでスキャンするとともに、現場の様子を撮影した画像をセンターに送ると、センターのマネージャーはスマホ上に「臨時タスク」を発行し、それを見た清掃のマネージャーがスタッフを派遣する。QRコードが詳細な位置を通知するので、清掃スタッフは迷わず現場に駆け付けることが可能。
ということで、紙の記入、やりとりなくデータ保存もできて、スマートな管理ができるそう。
ビルメンポストでもいくつかスマートビルディング対応向けのIotシステムを紹介してきましたが、ZETAを使ったクラウドベースの統合管理システムの実運用は初ということで、いよいよ実証実験レベルを超えて現場運用始まってきましたね。
ビル管理も今までにない新たな段階に大きくステップアップです。楽しみな時代です!

【参考サイト】東京建物がZETAでスマートビル化 ビル統合管理システム「DBM」を国内初導入

総合不動産会社の東京建物が、自社で保有や管理を行う建物のスマートビルディング化に取り組んでいる。その第1弾として9月1日、「東京建物日本橋ビル」において、中国ビル管理会社RIVERINE社の子会社FOURTHWALL社が開発したクラウドベースのビル統合管理プラットフォーム「DBM(Dynamic Building Matrix)」の実運用を開始した。

DBMは複数の機能モジュールから構成されているが、東京建物が今回導入したのは業務管理システム、設備管理システムなどだ。LPWA規格ZETAの管理プラットフォーム「ZETA Cloud Platform」とシームレスに連携させたうえで、巡回点検や設備保守、清掃といったビル管理業務を1つのプラットフォームに統合し、業務フローのデジタル化を実現している。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ビルメンIT・AIカテゴリの最新記事