【ビル管理】複数言語にも対応、人手不足の救世主に セコム「バーチャル警備システム」

今年4月に発表した「バーチャル警備システム」もその一つ。AGC、ディー・エヌ・エー(DeNA)、NTTドコモと共同で開発した世界初の人工知能(AI)活用の警備・受け付け業務システムで、20年の発売を目指している。「人手不足時代の救世主となりうるシステムです」と沙魚川さんは自信をのぞかせた。

警備というよりは、受付業務っぽいイメージしますが、バーチャル警備システムだそうです。別に追っかけたり巡回したりしないわけです。緊急通報してくれるにしてもこの格好よりは、ホテルのコンシェルジュ的な格好のほうが親しまれると思うが、セコムさんがメインで作るのだからこの格好じゃないとねということなのかな。複数言語にも対応していくということだから優秀。まあなんにせよ施設警備とロボットやドローンは相性いいと思う。

https://www.sankeibiz.jp/business/news/190617/bsd1906170500004-n3.htm?fbclid=IwAR1Z-MVKOyLHPeEaZ6bXlK4uaMUqGZS2-SXO3PScxlsePtKKtZ1pjyhjAW8

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事