【事例】人手不足解消の切り札、「AI清掃ロボット」で最も重要なこと   ビルメンテナンス

【事例】人手不足解消の切り札、「AI清掃ロボット」で最も重要なこと   ビルメンテナンス

いま世の中で最も浸透しているサービスロボットといえば、やはり清掃ロボットだろう。すでに家庭には多くのコンパクトな清掃ロボットが普及している。ビル管理のパイオニアであるグローブシップは、先ごろソフトバンクロボティクスの業務用AI清掃*ロボット「Whiz*」を試験的に導入し実証実験を行っている。同社は、これまでも多くの清掃ロボットを導入してきたが、どのような視点で製品を選んでいるのだろうか。

Whizの宣伝。こういうロボットはまず広いフロアでの使用になるはずだから、覚えこませるのにめんどくさいですね。ルンバみたいに自分で勝手に覚えていってほしい。またリース代がまだまだ高いと思っていたら、レンタル料金プランも出てきた。月額35,000かー。微妙。そこが普及へはもう一歩ネックかな。まあこれからどんどん安くなるでしょうし、機能も更に改善されていくでしょう。楽しみですね。

https://www.sbbit.jp/article/cont1/36224?fbclid=IwAR1M2QJA2aLnY2naWDjY-NpDJgq-tVQdTKKl9hamgvikCiAyRSwoS2eniI0

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事