行政代執行で解体へ 老朽化激しい空き家マンション

滋賀県野洲市にある老朽化が激しい空き家の分譲マンションで、市が行政代執行で解体に踏み切る事態となっている。所有者全員が合意して自分たちで解体するのが本来だが、一部の所有者と連絡がつかないなどで長年、危険な状態で放置されており、市が代執行を決めた。分譲マンションの代執行による解体は極めて珍しいが、今後は、同様のケースが増えると懸念されている。

めずらしい分譲マンションでの行政代執行です。でも今後こういうの増えていくのだと思います。 こんなのが近所や隣りにあったらたまりませんね。行政代執行ということは、税金による解体です。本当に世の中の仕組みを大きく変える考えで行政にも早急に動いてもらわなければ大変じゃないかと。世間の新築信仰の意識改革も進んでいかないとやばそうです。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201905/CK2019052302000179.html?fbclid=IwAR3-vyJ2dTmhoiJp2q8ZrPtGwz6eRJuV_3h9G9Lt3gFaw_z4Acq-L64i_68

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事